コピートレードと自動売買ソフトとの違い

コピートレードと自動売買ソフトとの違いについて

コピートレードと自動売買ソフトは、一見類似しているようですが全く異なるシステムです。

 

自動売買ソフトはある一定のプログラム通りにしか動きません。
トレンドに強い自動売買ソフトであればある程度利益が取れる場合がありますが

 

時には急な相場の変動に追いつかない場合もしばしばあります。
自動売買ソフトで一生勝ち続けるのはまず不可能です。

 

ところが、コピートレードというものは、必ず元となるトレーダーが存在します。
トレーダーは人間ですから、裁量的な判断で急な相場の変動にも対応出来ます。

 

 

コピートレードシステムは軸となるトレーダーが裁量的な判断でしっかりトレードしてくれますので
自動売買ソフトよりも遥かに勝率も高くなります。

 

コピートレードはシンクロトレードとも言われています。
軸となるトレーダーと常に同じタイミングでトレード出来る。
それがコピートレードシステムです。

 

コピートレードには、自動売買型、シグナル配信型と2種類ありますが、
どちらを使用しても勝率にそう大差はないと思います。

 

ただ、シグナル配信型の場合は、いくらリアルタイム配信といっても
多少のエントリーの誤差は生じますす。

 

個人的にはシグナル配信型のほうがおすすめです。
というのは、シグナルが出てもエントリーするかどうかは
最終的には個人の判断になります。

 

FXでコンスタントに利益を出すには「相場を読む力」が必要とされます。
こうしたプロの売買タイミングを体感することで
自然と裁量的なスキルも磨かれていくと思います。

 


トップ 為替無双 最新システム 使用メリット